zunda’sblog ズンダのブログ

zunda’s blog  ズンダのブログ

読書好きな管理人ズンダが古典、小説、批評文、経済、実用書を中心に紹介するブログです。読書好きな皆さんと繋がりたいとおもいます。

日本の少子化対策はなぜ失敗したのか? 答え→【男にお金がないから】

 お久しぶりです。
 ズンダです。

 さて、コロナウイルスも一段落して、緊急事態宣言は解除されて、皆さんも外へ出て遊びたいと思っておられるのではないでしょうか。

 

 夏に向けて彼氏彼女を作りたいと考えている方もおられるかもしれません。
 しかし、ここ数十年間、日本では未婚者が増え、子供の数も減り続けています。
 
 国が少子化対策を続けているにもかかわらず、どうして日本の出生率は相も変わらずなのでしょうか。

 今回紹介しますは山田昌弘『日本の少子化対策はなぜ失敗したのか?』(光文社新書)です。

 

 

 

 この記事を読むと次の事が分かります

 ☆少子化の現状
 ☆なぜ少子化対策は失敗したのか?
 ☆なぜ日本人は結婚しなくなったのか?

 

 

 

日本の少子化とは?

 
 
 日本の低出生率

 

 日本の合計特殊出生率は1.6以下が30年間も続いています。

 人口を維持(=静止人口)するためには2.07人が必要とされています。
 
 2018年は出生91万8千人、死亡136万2千人と、差し引き約44万4千人が減少しています。

 

 日本政府はいつから少子化対策を始めたのかー1990年「1.57ショック」ー

 

 30年も前から合計特殊出生率が2を切っていたわけですから、政府も当然、子供を増やすための対策をしてきました。

 1990年「1.57ショック」なることばが誕生します。


 これは1989年の出生率が1966年「丙午」*1の年の1.58を下回ったことから名付けられました。

 

 これを受けて、経済企画庁が1992年に国民生活白書を出します。
 その本に「少子社会の到来、その影響と対応」と題し、少子化」という言葉が広まります。

 

 山田氏がいうには「この白書は、家族変化と経済状況を結びつけた大変優れたものであった。~(中略)~実際、25年後に起きる社会・経済問題を正しく予測していた」とのことです。

 ところが、内閣府に置かれていた国民生活局、国民生活審議会は、省庁再編のあおりをくってしまい2009年に消滅してしまい、『国民生活白書』はなくなりました。

 

 

 唖然としますね。
 国民の生活を正しく把握するための審議会が省庁再編のせいで消えてしまったとは。
 笑うに笑えません。

 

 しかし、この審議会があっても、特別な少子化対策ができなかったことも事実であります。

 ではいったい、政府はこの白書後、どのようなことをやってきたのでしょうか。

 

 遅すぎた少子化対策と噛み合った不景気の到来

 1994年 「エンゼルプラン」策定
 1999年 少子化基本方針
 2003年 少子化対策基本法
 2004年 内閣『少子化対策白書』発行

 

 

 問題が発覚してから、なんと10年の月日が流れています。

 その間に、日本ではバブルが崩壊し、政府による財政出動が抑えられ、消費税が上げられていきます。

 デフレ不況の始まりです。*2

 

 これが、何をもたらしたか?

 人口規模が大きい団塊ジュニア世代(1970~1974年)に直撃しました。
 就職氷河期世代が誕生します。

 

 勿論、景気が悪くなり、無職や非正規雇用者が増加します。

 

 不景気でも子供の数が減らなかったー数のトリックー


 すると、結婚ができなくなり、子供の数が減るかと思うでしょう。

 ところが出生数は

 

1990年122万人
2000年119万人

 

 

 あまり減っていません。

 これについて山田氏は次にようにいっておられます。

 

 団塊ジュニア世代の人口規模が大きかったために、女性1人あたりの子ども数は減っても、全体の子ども数はあまり減らなかったのである。それが、政策担当者の危機感を薄めたことは否めない

 
 

 なんということでしょう。
 団塊ジュニアはその数があまりにも大きかったために、出生者数の減少に影響がでにくくなってしまったのです。

 数のトリック、ですね。

 

 本来的には減っておかしくないのにもかかわらず、総数が多いから減少していないようにみえてしまう。

 

 しかし、日本政府の少子化対策はどうして失敗してしまったのでしょうか?

 山田氏は二つの理由を挙げておられます。

 

 なぜ少子化対策は失敗したのか?

 

 日本政府の失敗ー普通の人をみてないー

 

 政府は少子化を解決するために当事者である国民に意識調査を行います。
 
 「なぜ子供をうまないのか?」が分からないと政策を作りようがないからですね。

 しかし、ここで致命的な失敗を犯してしまいます。

 

 それは、キャリア女性(大卒、大都市、大企業正社員か正規公務員)という一部の優れた人材を「普通の人」としてしまったことです。

 

 日本では今現在にいたっても、女性の半数は非正規雇用であり、半数は大卒ではありません。
 
 そもそも大学進学率は男女合わせても約5割です。二人に一人は中卒や高卒や短大卒なわけですね。

 

 山田氏は次のようにいいます。
 引用します。

 

 つまり、日本社会全体の出生率というマクロな数字を動かすのは、「大卒かつ大都市居住者かつ大企業正社員か公務員」というキャリア女性ではない。「大卒でなかったり、地方在住だったり、中小企業勤務や非正規雇用者」の女性の人数の方が圧倒的に多いのだ。

 

 

 

 つまり、対策を立てるための相手が間違えていたわけですね。

 ここから更に、政府の誤解は続きます。

 

 「未婚化」=少子化を意味する、が分かっていなかった。

 

 日本では結婚している人たちは基本的に子供を産みます。
 2005年までは平均して二人以上は産んでいました。

 

 また最新の出生動向基本調査でも、未婚者で結婚を望む人は85%もいるので、結婚自体を嫌がっている人は殆どいない。

 

 つまり、日本の少子化の理由は「人々が結婚をしたくないから」ではありません。結婚できないことにあった、というわけです。

 

www.newsweekjapan.jp


 
 山田氏の記述で大事な部分をまとめました。

 

①日本では未婚で子供をつくる人は殆どいない
②近年よくいわれている「男が家事をしない」保育所が足らない」は少子化の理由ではない

 

 

 日本人は子供を産む場合、結婚が前提になっています。
 結婚しない状態でのお産を望む人は殆どいません。

 

 更に、昨今たびたびいわれているような「夫が何もしないから子供をつくらない」という理由には根拠がありません。

 

 2010年以降、保育所育児休業制度が整備され、夫の家事参加が奨励されて以降、出生数は更に減ってしまっているからです。


 しかもこれは女性側の考えを話してるだけですよね。

 

 「女性が家事や子育てを手伝えというのであれば、結婚などしたくない」と考える男性がいることは完全に見落とされています。
 
 
 

 結婚しない理由は、やはり「お金」ー金がない男は結婚できないはタブーだったー

 

 山田氏は日本社会では「たとえ愛があっても、子どもが好きでも、経済的条件が整わなければ、結婚や出産に踏み切らない人が多数派なのだ」と述べておられます。

 

f:id:zunnda:20200527154922j:plain

本書より

 資料22から、男性は女性に対して200万円以上でよいと考えている。

 一方で女性はその2倍の人々が200万円以上を求め、更に上の400万円以上に

いたっては約35%もいる。

f:id:zunnda:20200527155057j:plain

本書より

 資料24をみると、男性は6割以上の人が女性の収入を視野にいれてませんが、

女性で男性の収入を考えない人は約2割しかいません。

 

 

 

 しかも、そのことを氏は1996年『結婚の社会学』(丸善ライブラリー)で「収入の低い男性は結婚相手として選ばれにくい」と指摘しているのです。

 

 ところがこれが、メチャクチャ評判が悪かったそうです。

 

 1990年代後半のマスコミや政府は、この事実への言及を避けていたらしく、政府関係の研究会でこの指摘をしたところ、ある政府高官から次のようにいわれたそうです。

「私の立場で、山田君が言ったことを言ったら、首が飛んでしまう」

 

 更に、地方公共団体に依頼されて執筆したエッセイにこれを書いたら、担当課長が削除を依頼しにきた、とまで書いてあります。

 

 要するに、男性の収入が低いと結婚することは出来ない、は政府やマスコミの世界ではタブーになっていたのです!

 

 しかし、この現実を見ないようにした結果、適切な支援策はとられないままになってしまいました。

 

 馬鹿なはなしですよね。
 問題を解決するためには現実をみなければならないのに。

 

 私ズンダはこういったきれい事はやめるべきだと思っております。
 その点については、以前の記事でも触れました。

 

 

zunnda.hatenablog.com

 

 

 きれい事のせいで人がつらく悲しい顛末になってしまうのが許せないからです。

 もちろん、人の欠点を無闇矢鱈にあげつらえ、とは申しません。
 改善したいのであれば、それなりの作法を以て、見つめるべきではないかということです。

 

 
 
 出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所)では子供のいる夫婦に「子供を希望数まで持たない理由」について尋ねています。
 すると一番になる理由は「子育てや教育にお金がかかりすぎるから」なのです。

  

 当たり前の話で、子供を育てるのにはお金が必要なのです。

 単なる根性だけで子育てができるわけではありません。

 

 この金の問題をずっと無視してきたのが日本の失敗だったといえそうです。

 

 終わりに

 

 というわけで、今回は次のことを書きました。

 

 1 少子化の現状
 2 少子化対策の歴史
 3 少子化対策はなぜ失敗したのか

 

 

 ですが、この本の内容はこれだけではありません。

 軽く紹介しておきますと以下のようなことがかかれています。

 

 

 ・欧米に見習った少子化対策は日本人の現実に即していなかったために失敗した。
 
 ・日本人は恋愛と結婚を分けて考えていない。恋愛の先に結婚があり、子供がいることも想定している。結婚できるだけのお金がない場合は恋愛をあきらめる。故に、恋愛しない人々が増えた。
 
 ・日本人にとって子育てとは世間体を守ることである。世間から馬鹿にされることを極度に嫌う。
 故に、子供に真っ当な教育を受けさせる資産が自分にないことが分かると、恋愛や結婚をしなくなる。

 ・中流から転落するのが恐い。中流でければ、一人で人生を終えてもいいと考えている。もしくは、中流の人生を歩ませてくれる人物とでないと結婚自体しない。

 

 

 

 というように、欧米と異なる日本人の意識を鑑みて、更に議論は進んでいきます。
 
 ただ、全てを読み通してみてわかることは、「お金がないから恋愛も結婚もしたくても、出来ない」という現実です。

 山田氏は色々データを挙げて、詳述しておられますが、根本的には金銭の問題があるということです。

 そしてそれが、この失われた25年の結果なのでしょう。
 
 経済が豊かでなければ、我々は生物として基本的なことすら、満足に行えなくなるということです。


 日本人は結婚さえすれば子供を作ることがわかっています。
 
 
 「子供をもてるだけの経済力があるので、結婚した」ということですね。


 私ズンダは、常に口を酸っぱくして述べてますが、我々は人間である、ということを思い出すべきです。

 

 人間には本能や限界があります。
 これを無視して、理念型に基づく社会設計をするべきではない。

 

 きれい事より現実を、です。

 

 山田氏の本は、日本の少子化対策が、現実への無理解からきたものであったために失敗したということを教えてくれています。

 では、また。ズンダでした。
 

 

  ↓結婚することのリスクをかいた本。絶望が待っています。

結婚不要社会 (朝日新書)

結婚不要社会 (朝日新書)

  • 作者:山田 昌弘
  • 発売日: 2019/05/14
  • メディア: 新書
 

 

 ↓なぜ日本の経済は恢復しないのか。なぜ日本はダメなままなのか。すべてを書き切った本。当ブログで紹介した本のなかで真っ先に読まれるべき本。

 

 

zunnda.hatenablog.com

 

 

zunnda.hatenablog.com

 


 

   

*1:ひのえうま、と読む。丙午年に生まれた女性は気性が荒すぎて結婚できないという迷信があった。そのため、日本人は丙午の年には子供をつくらないようにしていた。

*2:ちなみに山田氏は他の本でも「アジア危機」による不況を述べておられるのだが、日本のデフレ不況はアジア通貨危機のせいとはいいきれないことは以下のURLからどうぞ。

www.data-max.co.jp